うたわれるもの 偽りの仮面20話 トゥスクル強いなぁ…って兄貴イイイ!!!!!

スポンサーリンク

やっぱ前作のキャラ出てくるとテンション上がるな
クロウ老けた?実は苦労してる?
ていうか人間辞めてたような気もするけど
ヤマト側のことを全く応援できなくてトゥスクルに肩入れしてみちゃうから複雑すぎる
トゥスクルつえぇ
クオンが何したいか分からんよなあ
兄貴が死んだ…だと!?
Cbq3KsSUcAUf-Db_orig
Cbq3KsNVIAALvGh_orig
Cbq37PjUAAAf9rQ_orig
Cbq4TngUYAA0fhz_orig
Cbq4iwaUMAAbOdz_orig
Cbq4umSVAAE6HVN_orig
Cbq420dUAAAAiIE_orig
0
Cbq5FEeUkAQiZVm_orig
Cbq5e3LUUAAi4SK_orig
Cbq5hwXUsAEh3Qz_orig
Cbq5_y7VIAA3exh_orig
Cbq6QWcVIAAW3fY_orig
Cbq6QTKUkAA9WcE_orig
Cbq6zCSUkAA0gfO_orig
Cbq6zBVVAAET0vr_orig
Cbq6v1zUMAA8lgH_orig
Cbq6wIrVAAEMMs5_orig
Cbq6zJiUEAAF_dS_orig
Cbq7DtLVAAACy7k_orig
Cbq7GYmUUAA-yrG_orig
Cbq7NQVUAAARw6M_orig
Cbq7VMXUsAAUQaS_orig
Cbq7VeEUkAEuHO5_orig
Cbq75nOUMAA-mNf_orig
Cbq75nRUMAA-9YM_orig
Cbq775FUUAEVgK1_orig
Cbq7_DYUsAAAgbA_origCbq8VscVIAE9hMc_orig
Cbq8V7EUEAAiRxK_orig
Cbq8z6lVIAE5Fc5_orig
Cbq82DoUAAAKdjY_orig
あかん、これ原作プレイしてるとなんだコレ・・・ってなるパターンだ
そうか?良い方に改変したと思うけど
Cbq8eWLVAAAFthZ_orig
ゲームの気球でプカプカはちょっとなんかなーって感じだったよなw
同意
人質のほうがしっくりくる
あと、仮面の力が使えなくてベナウィと互角っていうところもしっくりくる
このまま戦ってたら、ムネチカさんが確実に負けるだろうけどね
仮面の力使ったら圧倒しちゃうからね
えーここで帝崩御かw
弟が死んだふりをしていたら兄が死んでいた
アバンで「かくなる上は・・・」とか言ってなんか奥の手匂わせておきながらCパートで死ぬって新しいよね
何という皮肉!何という奇妙な運命!
前作主人公側に肩入れしたくなるのはしゃーないが
ベナもクロウも強すぎてヤマトが話にならんな
人質を盾に相手の砦に押し入って食料燃やすって完全に悪人だなw
挿入歌に君だけの旅路使われててメッチャテンション上がった!!
クオンどうなの?って思うけどムネチカなんかに死んでほしくないからなの?
自国の兵士が死ぬよりライコウが来て一般人まで殺されるのを防ぎたいってこと?
仮面の力を術法で封じられるってのと、
策にクオンが関わってくるのはゲームよりいいと思ったぜ
まぁ原作のふんどし気球はツッコミどころ満載だったしなw
ご一行乗れるくらいの気球を作るためのふんどしどこから集めたのかとか
そもそも風向き次第の気球で突入?とか代わりに粉塵爆発っていう現代知識放り込んだしアレンジとしてはいいと思う
しかしトゥスクル勢つええなw
さすがつい十数年前まで神を巻き込んでバトルロワイヤルしてただけのことはあるわ
やっぱヴライさんのジェノサイド戦法は八柱将の間でも評判悪いのか
まー、いつも仮面で圧倒してた戦いしかしてこなかっただろうし
その仮面が使えなきゃ、この間まで戦乱の世だったトュスクル兵の質には勝てんわな
しかし、クロウってここまで強かったっけ
続編物でありがちな前作キャラ強化かな
前作から十数年後だし若い時間が長い種族が鍛え続けたらこんなもんじゃね
ゲームの実戦だとヤクルトさんのカモにされるから、アニメでは強く描写されてて良かった
鉄扇でハクって言ったらわかるよなあ
クオンは一体何考えてるんだろうか
人質どころかハク側の黒幕っぽくなってるじゃんwww
前作キャラが出てくるとテンション上がるわ。エルルゥは村に居るままなんだっけ?
アルルゥはカミュ繋がりで前線に居るのかな今回出なかったけど・・・
術法で仮面の力妨害出来るのか
それならチート仮面にトゥスクルが対抗できるのも納得
ずーっと作為的に戦乱続きだった地域だから戦術や兵の練度が高いのも肯ける

引用元
http://toro.2ch.sc/anime/

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る